認定NPO法人 いろりの家

    認定NPOとして4年目をお迎えます!!

    認定NPO法人は、NPO法人よりも一層「公益性のある団体である」ことが求められます。 NPO法人いろりの家ではこれまで認知症ケアに特化した認知症グループホームや介護予防型通所サービスの介護保険事業のほか居場所づくり、学童保育や地域づくり支援などのインフォーマルなNPO活動展開して参りました。

Q:NPO法人と認定NPO法人って、どう違うんですか?

  NPO法人と認定NPO法人はどちらも行政にも企業にも属さず、自由な社会貢献活動を行うものとして内閣府から認められた市民団体です。両社の一番の違いは、寄付に関する税制です。所轄庁(山口県)に認定された認定NPO法人(いろりの家)に寄付した場合、寄付した側は税額控除や所得控除といった税制上の優遇が受けられる一方、NPO法人の場合はそれが大幅に少なくなっています。

税制上の優遇:寄付金額の約40%が所得税から控除されます。【要確定申告】

令和2年度のご寄付のお願い

「いろりの家」では、山口県から認定法人として4年目を迎え、更なる社会貢献活動を目指し、頑張って参る所存です。
そのため、当法人を応援してくださる令和2年度の「ご寄付」を募集します。

(郵便局の振替用紙を同封しますので、よろしくお願いします。)

      1口 3,000円から

令和1年度寄付金実績 127名、837,000円…活用実績詳細報告は6月号に掲載します。
貴重な浄財を頂きましてありがとうございます。
頂いた浄財は「居場所づくり」「学童保育」「地域づくり」等の活動・支援費として活用させて頂きました。


[お申込・お問合わせ】地域交流センターひだまりの家 電話 0827-63-6036